• HOME
  • BLOG
  • 若い時に流さなかった汗は、年を取った時に涙に変わる

若い時に流さなかった汗は、年を取った時に涙に変わる

2017/03/10代表ブログ

若い時に流さなかった汗は、年を取った時に涙に変わる

読んでいた経営誌に野村監督のリーダー論が載っていました。

テスト生でプロ選手になった野村監督が、努力の人であることは誰もが知っている。

そんな方が生む言葉はずっしりと心に響きます。


「人は挫折を経験して、初めて謙虚になれる。人間は、恥ずかしいという思いに比例して進歩するものだ。」


「模範となる人材は組織の意識を変える」


「才能の差は絶対的ではなく、努力で埋められるもの。」


「若い時に流さなかった汗は、年を取った時に涙に変わる。」


若いころの見栄を思い返すと本当に恥ずかしくなります。

自分が自分が!見てみて!

自分の評価は他人がするもの。

「私はこんなに頑張っている」なんて当たり前のこと。

とても「模範となる人材」とは呼べない人でした。


あきらめずに、自分が立てた目標に向かって邁進する。

様々な障害が一生懸命やればやるほど高く立ちふさがります。

時に、思いがけないカウンターパンチを食らってぶっ倒れたりします。

若さゆえの未熟さが、当たり前のようにそうさせます。


そこであきらめるか、人のせい、時代のせい、環境のせいにして終わるか。

どちらにしても、一度二度の失敗、挫折にくじけて次の挑戦をやめてしまう。


疲れることはしない。

得にならないことはしない。

私も才能があったわけではありません。

自分でもわかっていました。


でも、この好きで好きでしょうがない仕事に巡り合って、苦労を苦労と感じることがなかったことが幸せでした。


挑戦を続けること。

謙虚であり続けること。

人の幸せの為に時間とお金と能力を使うこと。


私の周りにいる素晴らしい人たちを見習って、残りの人生をかけます。

人生は短い。

自分の人生に納得して終わります。

CATEGORYカテゴリー

すべて
MINDS THETA
MINDS SYLPHE
MINDS LINO
Lacine
代表ブログ
その他

ARCHIVEアーカイブ

2020-10