風呂の中で夢を見た

2017/05/12代表ブログ

風呂の中で夢を見た

風呂に入っているときに、不覚にも寝てしまった。

夢を見た。


一つ山を登り終えた時、頂上で気が付いたら向こうにもっと高い山が見えた。

その山は今上り終えた山よりも高くそこにそびえ立っている。

美しく、気高くその存在感をアピールしている。


「登りたい」

でも、その山を登るには今いる山を下りなければならない。

そして、また一から登り直すのだ。

時間もかかる。

お金もかかる。


体力は今上り終えた山のおかげで、以前に増して十分ある。

でも、今登り終えた山の上で、迷う人はいる。


もうこれで十分だよ。(確かにほんとに目指すべきは、隣の山でも)

もうやり直すのは嫌だ。

せっかく手に入れたものを手放したくはない。

疲れる。


思いは様々だが、その山で思う気持ちが人生を決めるのは間違いない。

その山すら登り切らずに、隣にある素晴らしい山をみることもなく、下山する者もいるだろう。

初めから一歩も登らない者もいるだろう。

直線で登るものもいれば、迂回して行く者もいるだろう。

一人で黙々と登る者もいるだろう。

疲れた人をおぶって登るものもいるだろう。

一気に休まずに登る人もいるだろう。

10分おきに休む人もいるだろう。

走って登る者もいるかもしれない。


私はひとりでは登らない。

隣に、綺麗な高い山を見つけたら、それがとても険しい道のりでも、

必ず、チャレンジする。


例えば、落ちても這い上がってくる。

そこに歩けない人がいれば、一緒に降りてまた昇り返す。


人間が絶対に太刀打ちできない「自然」に対しての敬意を払う。

人間も自然の一部なのだ。

その弱さを自覚して、その無力さを自覚して歩き続ける。


その可能性を、共に認めあいながら。

CATEGORYカテゴリー

すべて
MINDS THETA
MINDS SYLPHE
MINDS LINO
Lacine
代表ブログ
その他

ARCHIVEアーカイブ

2020-10