下町ロケットに共感

2015/12/08代表ブログ

下町ロケットに共感

2年位前の社員旅行。

京都に行くのだが、前日の台風の影響で品川に7時間の足止め。

時速0kmの新幹線の中で「下町ロケット」を読んだ。

最近阿部寛主演でドラマ化されたようですね。

たまたま今日、三上博史主演のドラマを見る機会がありました。


真剣に物づくりに取り組み、いつまでもその職人魂にこだわる主人公に痛く共鳴した。

池井戸潤の「勝つ姿勢」に胸が熱くなる。

池井戸潤の物語の面白さは、そのシンプルさゆえのわかりやすさにあると思う。

社長と従業員。

大企業と中小企業。

銀行の建前。

権力と信念。

夢を追うものと、現実にこだわるもの。

自分のいる小さな社会と全く同じなのがおかしい。

そして、主人公が夢を勝ち取ったときにいう言葉。

「・・・これは、決して一人では成しえないこと。みんなの力で夢を勝ち取ったのだ。ありがとう!」

信念を持ち、大小さまざまな決断をしながら舵取りをしていくトップ。

時に恨まれたりすることもある。

何時か分かる時が来ればいい。

わからなくても、みんなが幸せになればいい。

それができれば、自分が幸せな気持ちになれるのだから。

それが、自分が生きている、ここにいる「目的」なのだから。






CATEGORYカテゴリー

すべて
MINDS THETA
MINDS SYLPHE
MINDS LINO
Lacine
代表ブログ
その他

ARCHIVEアーカイブ

2020-10